大成ハウジングの賃貸管理

賃貸オーナー様へ
当ページをご覧いただきありがとうございます。大成ハウジング賃貸管理部です。
今や賃貸物件の空室は不動産業界の大きな課題の一つです。
埼玉県の空室率の状況は賃貸住宅数853,900戸に対し空室数は191,600戸にのぼり空室率は
22.44%となります。
(2010年1月の全国賃貸住宅新聞社調べ【全国の賃貸住宅数と空室率の状況】)
現在、社会問題にまで発展している少子化や新築物件の増加により賃貸物件の供給過剰に
拍車がかかることから対策が必須となります。物件ごとに特徴が異なるため対策方法も
千差万別です。
大成ハウジングでは適切な対策を、ご提案いたします。まずはお声をおかけくさだい。

オーナー様のご相談、お待ちしております!ご相談はすべて無料です!

お問い合わせはこちら

大成ハウジングの賃貸管理サポートシステム

お問い合わせはこちら

Q.大成ハウジングに賃貸管理を任せるメリットって?

A1.家賃滞納によるトラブルを解消できる!
入居後、オーナー様を最も悩ませるトラブルの1つが家賃の滞納です。
家賃の滞納があった場合、オーナー様から連絡を受けた不動産業者が業務として行うのは借主に催促をするのが一般的で家賃滞納が未然に防止されるわけではありません。
本来、入金する予定だった家賃が中々入金されず苦労をされたオーナー様もいるのではないでしょうか?
当システムの家賃代行サービスでは入居後の家賃滞納によるトラブルを解消します。
A2.補修や修繕にかかる支出を抑えられる!
オーナー様から管理物件の補修や修繕を依頼を受けた場合、不動産業者は下請け業者に外注するため、軽微な補修や修繕であっても高価な代金を請求されることが一般的です。
当社はグループ企業も含め埼玉県北部で30年以上新築の戸建を分譲してまいりました。
社員には現役の大工・住宅設備の施行技術者等を採用。
軽微な補修や修繕のご依頼を頂いた場合は外注などすることなく対処できます。
そのため賃貸運営における補修・修繕にかかる突発的な支出を小さく抑えられるのも当社の強みです。